初代ねこ駅長ばす の巻

今日は2月22日、にゃんにゃんの日です♪

いつもらぶ駅長さん、そしてぴーち施設長さんを応援して頂き誠に有難うございます♪
ねこ好きな方なら、おそらくご存じ!そう!本日は2月22日(にゃんにゃん)ということで、猫の日となっております♪
猫が働く駅としてましては、是非、この特別な日に何か皆様にお届けしたい…
そう思っておりました、そこで本日は「初代ねこ駅長ばす」さんの記事をお届したいと思います♪

迷い猫だったばす駅長さん


平成11年6月頃、迷い猫だった「ばす」さんは、地元の小学生達に保護されて、芦ノ牧温泉駅にやってきました。人懐っこく、愛嬌があるばすさんは、駅長さんになる前から、すでに地元では有名なねこちゃんでした。


そんなばすさん、実は七匹のお母さんだったりします♪

今では当たり前になりつつある、子育てをしながら「頑張って働くお母さん」の先駆けだったのかもしれませんね♪

初代ねこ駅長さんへ

片上鉄道保存会のコトラ駅長さん、そして、和歌山電鐡のたま駅長さんに続き、平成20年に会津鉄道でもねこ駅長さんが誕生しました♪それが「ばす駅長」さんです♪
芦ノ牧温泉駅にお越しのお客様をホームでお見送りする愛らしい姿は、メディアを通して全国にも広がり、一躍人気者になりました♪


本当に沢山のお客様が、ばす駅長さんから癒しと元気をもらっていました♪


ばす駅長さんの人気もあって、沢山のお客様がおこしになっておりました♪
しかし、3.11東日本大震災があって、ピタッとお客様がお越しにならなくなりました。


東北地方、そして福島県が大変な事になっても、ばす駅長さんは芦ノ牧温泉駅をしっかり守ってくれていました♪
駅員さん達が悲しい思いをしている時でも、そっと側にいてくれたのです♪


けして楽しい事ばかりじゃないねこ駅長さんですが、鉄道員(ぽっぽや)として立派にねこ駅長さんを務めてきました♪

次の世代へバトンタッチ

平成26年、そんなばす駅長さんも高齢の為、お仕事をするのが大変になってきました。
そこに駅長見習いとして「らぶ」が来てくれました♪
時には優しく、時には厳しくらぶを指導して一人前に育て上げました♪


今では立派な駅長さんになった「らぶ駅長」さんも、まだまだ、歩くだけで貫録があるばす駅長さんにはかなわないかもしれませんね♪

鉄道員(ぽっぽや)として

平成27年12月24日、約7年8ヵ月の駅長業務を終え、「らぶ」に名誉駅長を引き継ぎ「初代ご長寿あっぱれ名誉駅長」の称号を頂き、ばす駅長さんのお家である駅舎で余生を過ごしていました♪


平成28年4月22日、会津田島行きの最終列車を病床より見送ったあと、らぶ駅長さんをはじめ、芦ノ牧温泉駅の駅員全員に見守られて虹の橋を渡りました。

今でも、私たち駅員さんの間で
「人間でも、最後まで鉄道員(ぽっぽや)として、人生を全うできるのは難しい」
という、お話をします。

沢山の人が、ばす駅長さんを愛し、最後の最後まで癒しを与えてくれたばすさん。
本当に本当に大好きだよ。。

2月22日、にゃんにゃんの日
大事な事を再認識させてくれる、素敵な日だと思います♪

ペットでもあり、大切な家族でもあるねこちゃん
どうか愛してあげて下さい♪
そっと寄り添ってくれると思います♪

最後まで読んで頂き、誠に有難うございます♪
これからも、芦ノ牧温泉駅はらぶ駅長さん始め、ぴーち施設長さんを、家族であり、同じ駅員として、お客様に沢山の癒しをお届けできるように精進したいと思います♪
これからも応援よろしくお願い致します♪

芦ノ牧温泉駅 駅員一同

2018年02月22日